ちょっと違うような

U-14のStep1-2が、12月4日(日)に富士宮市営コートで開催されました。
東部連盟主催の今年、最後の行事です。
私は、東部連盟理事長の立場で毎年出席しています。
今年で4回目の開催です。
1回目は雨天で中止となりましたので、実質は3回開催されています。

絶好のテニス日和でした。
県連小学生部会会長の挨拶で始まりました。
会長は、Step3(東海ブロック)、Step4(全日本)の練習会にも参加された?
少なくても、内容をよくご存じで、上に行くほど色々な面で厳しいようです。

最初の”お早うございます”の挨拶で、”声が小さい。これだけでStep3の
土俵には上がれないぞ!もう一度、大きな声で!”
”Step3に進むと名前では呼ばれないぞ。番号で呼ばれる。
番号で呼ばれたら、元気よく返事をしないと、次のStepに選ばれない。
技量の前に、元気に返事ができるか、積極性があるかを問われる。”

最初の一括で、参加した子供たちに気合いが入りました。
選考会メンバーは、男子、女子それぞれ2面使って、
午前中は基本練習、午後は試合というメニューです。

私は、男子の選考会を毎年見ています。
今年は、沼津4中の高橋先生が男子の責任者でした。
”準備運動から始めますが、リーダーができる人は?”の投げかけに
”はい”と大きな声でで手を上げる子がいました。
子供たちに緊張感がありました。

子供たちは、大変、素直で緊張感を持っていたように思います。
私は、基本練習を見ながら、マンツーマンでアドバイスをすることが好きです。
サーブとスマッシュの違い、グリップの話、前衛のポジションの話、ポーチボレー
のステップの話等を教えました。

午後は、試合を行い16時に終了。
コーチと子供たちが集まり、Step2(県)に進む選手が発表されました。
その後、コーチ全員が一言づつ挨拶を行いました。
この時も、Step3を参加経験?した先生から、”番号で呼ばれること、大きな声で
返事をすること、機敏に積極的に行動すること”の話がありました。

解散、無事終了。
となったのですが、何か私の頭の中でシックリ来ない、モヤモヤ感が残ったのです。
整理してみました。

①声が小さい、大きな声で!
 声は、必要に応じてトーンを変えればよい。
 正審は、観客に聞こえるくらい大きな声でコールすること。これは審判講習会
では必ず、言うことです。
 挨拶とか返事は、近くにいるのでそんなに大きな声でなくてもよいのではないか。
 例えば、マンツーマンで話をしているときに、その都度、大きな声で”ハイ”と
返事をされると逆に話しづらい。
理解していなくても”ハイ”と返事をしているように思える。
 軍隊ではないのだから。

②Step3では番号で呼ばれる。
 これは、番号で呼ぶ方が誤っている。囚人ではないのだから。Step3に参加
したら、番号で呼ぶ指導者を注意すべきでは。

③明るく、楽しく、元気よく
 この姿勢で取組むことが、上達の第一歩。圧力をかけて、緊張感を与えることは
 元気よく見えるが、本当に楽しいのだろうか。
 楽しくなければ、勉強もスポーツも続かない。

④コミュニケーションをとる
 コーチと子供たちのコミュニケーションが大切。
 コミュニケーションは双方向の会話。
 セオリーを教えることが大事。前衛のポジションは?3分の1は何メートル?
 ベースラインは何メートル?ネットから何メートル離れる?どうやって測る?
 サーブとスマッシュはグリップチェンジする?何グリップ?
 こんな質問をして、子供たちが答える。答えられなかったら、教える。
 また、子供たちからファーストサービスが入らないので、どうやったらよいのか?
 その練習をしてほしい。というような要求があっても良いように思う。
 私が話をして、まともに答えが返っていきた子は極めて少なかった。
 ”ハイ”は上手に言えるが。
 自分で考え、自分で悩み、自分のプレーを編み出してほしい。自立してほしい。

決して、一括して緊張感を与えることが誤っているとは思いません。
長年、色々な学校の指導を見てきました。
強い学校は、シッカリした先生が居て、緊張感を常に生徒に与えています。
あるレベルまでは、確実に成長します。

しかし、もっと強いインターハイで優勝するような学校の指導者は、
選手の能力を引き出すような教え方をしているのではないでしょうか。

⑤一般の選手が乱打
 午前中は、基本練習をしていたので、一面空いた時間がありました。
 すると一般の選手が(県でもトップクラス)乱打を行っていました。
 富士宮協会で、ジュニアの練習ということで、
 無料でコートを確保してもらっているはずです。
 また、強烈な乱打で目立ちました。子供たちも気が散ったはずです。
 TPOをわきまえてほしい。
 県のトップクラスの選手は、よい見本に成らなくてはダメです。

最近、嫁さんからよく言われます。
”もんくったれ爺”
グチが多くなったのも年のせいでしょうか。
でも、整理して頭の中がスッキリしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック